やっぱり人生は面白い

“VIDEOTAPEMUSIC” の新譜が出ると聞き、胸が踊ったのも束の間、何とテープのみでの販売だとのいう。

絶対レコードで欲しいアーティストだけに、いやちょっとそれは……と尻込みしたのだが、その曲目リストを見て瞠目した。

多摩湖……

私の実家のすぐそばにある人造湖“村山貯水池”の通称である。
それが一曲目のタイトルなのだ。

今まで、多摩湖をフィーチャーしたアーティストがいただろうか?
私が知る限りいないぞ!
では何故?

俄然聴きたくなったのは言うまでもない。
もしや、VIDEOTAPEMUSICは御近所さんなのでは?
うわ嬉しいっ!
SNS を覗いてみたら、青梅やら武蔵村山やら、所沢、etc。
私の青春生活圏と駄々かぶりしてるではないか。
嬉しい!
大好きなミュージシャンがすぐそばで、あの名曲たちを作っていたなんて!

私は購入するぞと決意したんだった。

そして一昨日。
そのアルバム『Revisit』が届いた。
すぐに聴いた。
一曲目の『多摩湖』が店内にBGレベルの控えめな音量で響き渡った。

私は感動していた。
その音を聴いて、私が知っている多摩湖とシンクロしたからだ。
これって、途轍もなく凄いことだと思う。
なかなか味わえる感慨ではない。
生きてて良かったとすら思った。

付属しているブックレットをパラパラと捲る。
どうやら、VIDEOTAPEMUSICさんは御近所さんではなく小平の方の出身のようだ。
立ち寄っているリサイクルショップやラーメン屋も知っているところだ。
私の青春生活圏に彼は確かにいる。
どこかですれ違っても、気づけないだろうけども。

テープを聴ける環境はないが、ダウンロードコードが付いているので、それで聴いている。
しばらくヘビーローテーションだな。
多摩湖云々は抜きにしても、素晴らしいアルバムだからだ。
ブックレットも熟読しよう。

こういうことが起こるから、やっぱり人生は面白い。
この年齢になっても、まだまだ“初めて” を体験出来る。
すなわち最&高なのである。

股旅。

何となくな日々

最近どうにもレコードを聴いてても音が抜けない。
何ともなしに くぐもる感じがして、どうにもスッキリしない日々が続いていたのである。
さすがに針がもうダメなのかと、交換してみるのだが、それでとやはりモッキリしない。

そうこうしているうちに、レコードを回す機会も減り、流行りのサブスクとやらをBluetoothとやらで飛ばして「うむ、こういうのも悪くないね!うふふ」などと嘯いていたのだが、ハッと思い立ったのである。

これはもう、針がどうこうではなくカートリッジそのものが劣化してしまったんジャマイカ?

だって、これ彼此もう二十数年使ってるよね。
そりゃ弱るよね!

もう、そうに違いないぜと強引に確信し、ビシッとカートリッジごと交換してみたら、ものすごく良い音が鳴り響いたから震えた。
久しぶりに、まさに「感動」って言葉が相応しいほど胸が高鳴った。

そうなのだ。
これが、これこそがレコードの音なのだ。

テンションが駄々上がってしまった私は、せっせと暫く針を落としてなかったレコードを取り出し聴いている。
なんだか、遠い昔になくした物が不意に出てきたような、そんな想いに満たされている。
なんじゃそりゃ?

こういう感情の移ろいって、そのほとんどがただの思い込みだったり、気のせいだったりするのよね。
でも、そういうことこそが人生にとって大切だったりするのよね。
なんつって。

サーチアンドデストロイな日々

思わず胸がズキズキワクワクするような、とびきり熱い話が舞い込んで来たのです。

当店の北側、某学校の農園芸グラウンドの向こう側の土地にですね。
どうやら縄文時代の竪穴式住居跡などの遺構があるっつーことで、埋蔵文化財発掘調査が行われるっつーんだからロマンティックが止まらないわけです。

ほんの数十メートル離れたところに、そんなもんがあったっつーことは、ひょっとして我が家の下にも?まさか?パードン?

と興奮してしまうのも致し方なし。
これで、かなり貴重なものでも発見されたりしたら、その場所は当然保護されるわけで、なんやら当初予定されてたらしい「駐車場・資材置場」が作られるっつーしょっぱい計画が無くなるわけで、それ即ち最高なわけです。
土器とか土偶とかバシバシ出てこないかな〜

もひとつ、胸のズキズキワクワクが止まらなかったのは、昨日一気に読んだ『サーチアンドデストロイ』(カネコアツシ著)なわけです。

この作品。
あの私の大好きな『どろろ』(手塚治虫著)をリメイクしたものでしてね。

どれどれお手並拝見いたしますか!

だなんて、斜に構えて読み始めたのですが、これがもう最高で鳥肌が立ちまくってしまったのでした。
私が今までに観た、聴いた、読んだ、嗅いだ?
あらゆる分野のリメイク作品の中でも最高峰の傑作だと思いました。
(実は読もうと思って手に入れたのは昨春のことでして。何だ読み始めるタイミングを逸していたのですが、ピピーンと思い立ち一気に読んだのでした。相変わらず、こういうタイミングは掴めていれぜと実家。うふふ)

さてと。
次は何を読もうかしら。
何を観ようかしら。
何を聴こうかしら。
おっと、それから何を作ろうかしらん……

そんなことをボンヤリ考える幸福、プライスレス。

それでいい

あれは四十数年前にもなるのか。

少年テッペーが、初めて作った戦車(正確には対戦車自走砲)のプラモデル、それがこのタミヤの1/35 ミリタリーミニチュアシリーズ 『ドイツ マーダーII 』だった。

その側面に描かれたヒゲオヤジのマスコットに強く惹かれたのを覚えている。
しかし、作り始めたらそのあまりの難しさに早々にギブアップ。
さっさと放り出してしまったんだった。

それが巡りに巡って、再び作ることになるから人生は面白い。
しかも、当時もの。
すなわち、三、四十年前に販売されたキットが、何処かの誰かの家の押入れにでも眠っていたのだろう。
若干の芳香剤的香りをまとって、リサイクルショップで私の前に忽然と現れたのだから震えが止まらないのである。

五十路に突入して三年にもなるナイスミドルな私
なのだから、こんなのチチンプイプイだぜと思いきや、なかなか苦戦した。
こりゃ、あのとき弱冠十歳であった少年テッペーに作れっこないわけだ。
ま、それなりに頑張ったよな。
褒めてつかわす。

そして、どうにかこうにか完成し、その仕上がりには全く満足はしていないが、それなりのリベンジは果たせたんじゃないかと自負してはいる。

プラモデルを通して、少年テッペーに再会することが多々ある。
あの時、あの頃の空気感、匂い、手触りまでが蘇る瞬間はクセになるほど楽しい。
自分が歩んだ道が見えてくるようで、満たされる何かがある。
でも、その何かが何なのかはわからない。
なんじゃそりゃ。

ここに来て、周囲の空気が濃密になり始めているのを感じる。
これは何かの暗示か。
もしくは何かしらの啓示なのだろうか。 
悪くないものなのは確かなのだが。

結局、何もわからないまま日々は過ぎて行く。
それにちょっと焦ったり、不安タスティックになったりもするが、それもまた良し。

それでいいんだよ!

と、今日もナイスな音楽が私の肩を叩いてくれる。

ともあれ、春よ。
もうちょっと踏みとどまっておくれ。
まだまだ初夏は遠くて良いからさ。

股旅。

新しい夜明け

本日、まことに有難いことに私の誕生日でございまして。
どうにか無事にさりげなく五十三歳になれました。
ありがとうございます。

そんな目出度い日和なので、今日の店内BGMは、ひねもすKhruangbinをナイスチョイス。

こんな音楽が似合う店にしたい。
そんな店に相応しい床屋のオッサンになりたい。

そんな願いがこもった選曲でございました。
リリースされたばかりのKhruangbinの新譜も言わずもがな最&高。
こういう音楽が生まれる時代に感謝です。

五十三歳の床屋のおっさん。
今年で二十周年を迎えるややクセの強い我が店 DOODLIN’ BARBER SHOP。
だからちょっと、思い切って仕事用のシューズを新調してみました。

この十数年愛用していた “adidas / CAMPUS” から、ずっと憧れていた“adidas / SUPERSTAR 82” へ華麗なるチェンジ。
この SUPERSTAR 。
三十年ほど前「やっぱこれだぜ!」と一度購入したことがあるのですが、なんだか違う。
オレが「無茶苦茶カッコいいぜ!」と思ったのと色落ち?やれ感?空気感?

いろいろと違っててダサかったのだ。
なので、後輩に「それダサいっすね!」と笑われたときも「だよね!」と素直に思ってしまったほど、明らかに明白にダサかったのである。

何故そうなのかわからないまま、憧れの思いを抱いたまま、数十年が経ち、ずっと避け続けていた “adidas / SUPERSTAR” を履くことを決意したのです。
これは、私の中で途轍もなく震えるほどの大事件なのである。 

幾人の方々からアドバイスをいただき、どうやらこの “SUPERSTAR 82” がそれに近いんじゃないかと確信し注文したわけです。
それが、私の五十三歳の誕生日当日に届くんだから、これはもうドラマチックにならざるを得ないわけです。
こんな気持ちわかるでしょう。

本も読めてます。
数日前に読み終えた『遠い日の戦争』(吉村昭著)に心突き動かされ、昨日から読み始めた『ルーアンの丘』(遠藤周作著)にも、ズキズキワクワクさせられまくっております。

兎にも角にも、まわりに溢れる愛に感謝です。

DOODLIN’ BARBER SHOP 店主 高崎哲平 拝